院内紹介

医院紹介

医院名 エールペットクリニック
診療科目 一般内科、皮膚科、内分泌科、眼科、歯科、整形外科、循環器科、腫瘍科
所在地 東京都福生市南田園2-4-6
駐車場 5台(敷地内に2台、近隣に3台)

ご挨拶

当クリニックのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。院長の横田 裕史と申します。

飼い主さんにとって、ペットは家族同然のかけがえのない存在です。一頭一頭の命に深く関わるペットクリニックの仕事は、非常にやりがいがあり、来院した動物たちが元気に帰っていく姿に日々、喜びを感じています。特にペットはお子さんのいるご家庭で飼われていることも多いので、当クリニックの診療を通じて、お子さんたちが命の尊さを感じていただけるのであれば幸いです。

当クリニックでは、EBM(Evidence-Based Medicine:科学的根拠にもとづく医療)を重視するとともに、ペットと飼い主さんの両方に苦痛を与えない、優しい診療を心がけております。単に体の回復を図るだけの治療ではなく、ペットの余命や飼い主さんの心情、生活への負担などを考慮して、最も納得していただける方法をじっくり相談して決定しています。

ペットと暮らす穏やかな日常のありがたさは、ペットが病気になって初めてわかるものです。彼らは人間と比べて短い時間しか生きることができません。短い命を精一杯生きているペットたちの全身からのメッセージを見逃さないよう、日頃から小さな変化に気づいてあげてください。当クリニックも、彼らが元気により良い毎日を送れるよう、スタッフ一丸となって真摯に診療いたします。

私自身もワンちゃん・ネコちゃんの飼い主ですので、クリニックにいらっしゃる飼い主さんのペットを心配する気持ちはよく分かります。「こんなこと聞いて怒られないかな?」などの遠慮はいりません。丁寧にお答えいたしますので、疑問や不安があれば、何でも聞いて下さい。いつでもご相談をお待ちしております。

院長 横田 裕史

資格・所属など

  • 獣医師
  • 日本獣医がん学会所属
  • 日本獣医がん学会腫瘍科認定医Ⅱ種
  • 日本レーザー獣医学研究会所属
  • 日本プロカウンセリング協会 2級心理カウンセラー

経歴

1977年6月11日生まれ 福島県出身
2002年 麻布大学獣医学部獣医学科 卒業
卒業後、静岡県・山梨県・東京都の動物病院にて勤務(2002年~2011年)
2005年~2007年 麻布大学附属動物病院腫瘍科 研修医
2011年10月20日 エールペットクリニック開院

スタッフ紹介

トリマー アッコさん

どんなご希望もちょちょいとこなす、ベテラントリマーさんです。トリミングは主にワンちゃんですが、ネコちゃんも大歓迎です。

動物看護師 藤原 夏海

明るい笑顔と七色の美声がチャームポイントです。この若さで、看護士リーダー的存在として日々、頑張ってくれています。先生の長い話を「藤原カッター」で一刀両断することもしばしば。受付でも診察室でも、気軽に話しかけてくださいね!

動物看護師 山田 祐莉子

2015年4月から働いてくれています。ビーグル大好き!お家では、お婆さんネコを飼っています。トリミングとリハビリとラブライブ!に興味があります。アッコさん不在時には、簡単なグルーミングもお任せあれ!

動物看護師 秋元 瑞貴

2017年4月より働いてくれています。ほんわかスマイルで、みんなを和ませてくれています。よろしくお願いします!

動物看護師兼トリマー  野中 弥生

国際動物専門学校を卒業して、2018年7月より働いてくれています。

動物看護師兼トリマー  富岡 美咲

東京愛犬専門学校を卒業して、2018年4月より働いてくれています。

動物看護師兼トリマー 渡邊 瑠美

カコトリミングスクールを卒業して、2018年4月より働いてくれています。

動物看護助手 石原 由里子

2016年5月から一緒に働いてくれているお母さんです!主に午前中の受付を頑張ってくれています。以前は水族館に勤務していて、なんと潜水士の資格も持っているとか!?お魚好きの方、気軽に話しかけてくださいね。おうちでは、かわいいコーギーの女の子を飼っています。

看板犬 エルク

「エールペットクリニック」のご意見番こと、「名犬・エルク」です。2010年生まれ。最近では、ちょっとお茶目な中年犬になってきました。白髪が目立ってきたって? いざってときには、輸血犬として頼りになってるんだぜぃ! 診療中は犬舎でのんびりしています。

看板猫 大福

居候…じゃなく、輸血猫の「大福」です!
トリミング室でのんびりしていることもありますので、見かけたら声をかけてくださいね!

院内設備

手術室

安全な麻酔および精度の高い手術ができるよう、設備や機材をそろえております。

ICU

温度・湿度管理、酸素濃度調節が可能で、手術後の覚醒、重症患者の治療に活躍しています。

入院室兼ホテル

ワンちゃん・ネコちゃんなど、ペットの入院やお預かりができる施設です。冷暖房完備で快適です。

設備機器

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌機)

高温高圧の飽和水蒸気による滅菌で、手術器具はもちろん、

使い捨てでないものは滅菌して使用しています。

デジタルレントゲン

骨や臓器の異常の発見に役立ちます。歯科診療用のデジタルレントゲンも導入しています。

超音波スケーラー

歯石の除去や抜歯など、歯の治療に使う機器です。

マイクロエンジン

関節・脊椎疾患などの疼痛緩和や、出血を抑えた切開、糸を使わない血管結紮(シーリング)、歯周病治療、腫瘍の温熱療法など、さまざまな治療場面で活躍してくれています。

半導体レーザー

歯石除去後の歯表面の研磨、複数根の抜歯の際の分割、抜歯後の歯槽骨の滑沢化に用いています。

電気メス

組織切開と同時に血液凝固を行うことができるので、出血の少ない手術を可能にします。

超音波診断装置

臓器の内部構造の評価や、体腔内貯留液の有無などを診断するために使用します。腫瘍などの摘出前の評価はもちろん、心臓疾患の治療を行うための評価にも活用しています。

自動血球計数装置

血液の血球成分を測定する血球計数装置です。白血球4分類(リンパ球、単球、好酸球、顆粒球)を含む18項目の測定を、動物種別に簡便に実施することが可能です。 血球成分の測定は、ウイルスや細菌の感染、アレルギー疾患等の早期診断を目的に多くの動物病院で実施されています。

生体情報モニター

麻酔をかけている間、ペットの血圧・心電図・酸素飽和度などを、常に監視できる機械です。手術をより安全・確実に行うことができます。

心電図

心臓に疾患があるペットの診察や、ペットドックなどに活用しています。

自動点滴装置

血管点滴の際、一定時間に決まった量を注入するために用います。小さなワンちゃん・ネコちゃん・ウサギなどに対して、特に活躍しています。

ネブライザー

薬剤を霧状にし、吸入することで、呼吸器症状を改善させるための装置です。ネコちゃんの鼻かぜ・ワンちゃんのケンネルコフなどで、特に活躍しています。

オゾン水生成装置(Deo Shower)

殺菌力の強いオゾン水を生成し、主に傷口・皮膚などの消毒に用います。有機物に接触するとすぐに水に戻るため、残留性がなく安全です。ウィルスや細菌に対しても効果的ですので、院内の清掃にも用いています。

酸素濃縮機

酸素室を作るときに使用します。

呼吸困難や衰弱しているような子を酸素室に入れると、呼吸が楽になり治癒力もあがります。

見守りシステム

別の子を診察している時でも、入院している子の状態を把握できます。

初診の方へ

ペットの体調不良で受診される場合は、なるべく体調やご家庭での様子がわかるものをご持参ください。

より精度の高い診療に役立ちます。(受診当日の便、気になる症状の画像・動画など)

予約制ではありませんが、

ご来院前にご連絡をいただけると助かります。

TEL:042-513-3467

 

※逃亡や事故、ペット同士のトラブルを避けるために、

クリニック内では、リードやキャリーバッグをご使用ください。

夜間診療について

当クリニックでは人員の関係により、夜間診療を行っておりません。府中市の「動物救急センター府中」をご紹介しております。

〒183-0006 東京都府中市緑町1-17-1 S・R・K 1F 

TEL:042-306-8052

アクセス・診療時間

血液の血球成分を測定する血球計数装置です。白血球4分類(リンパ球、単球、好酸球、顆粒球)を含む18項目の測定を、動物種別に簡便に実施することが可能です。 血球成分の測定は、ウイルスや細菌の感染、アレルギー疾患等の早期診断を目的に多くの動物病院で実施されています。

 
09:00~12:00
16:00〜19:00

休診日:水曜、日曜・祝日の午後
:日曜・祝日は9:30〜13:00

動物取扱業者標識

名称 エールペットクリニック
所在地 東京都福生市南田園2-4-6
登録番号 16東京都保第101603
種別 保管
登録年月日 平成 24年 3月 26日
有効年月日 平成 34年 3月 25日
責任者氏名 横田 裕史

ご予約・ご相談はお気軽に

動物病院でお悩みでしたら、福生市にある

エールペットクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_042-513-3467.png
  • メールお問い合せ
staff staff blog