治療について

当クリニックの診療について

診療方針

動物の治療において、決まった治療法が確立されている病気は多くありません。たとえ同じ病気でも、一頭ごとにさまざまな症状を引き起こすので、その病態に合わせて治療法を変えたり、体の大きさや種類によって薬の量を変える必要があるなど、個体差が大きいのです。

 

当クリニックでは「EBM(Evidence-Based Medicine:科学的根拠にもとづく医療)」を重視し、最新の研究など、学術的な報告にもとづく診療を行うよう心がけております。なかでも、大学病院での研修経験を活かした「腫瘍科診療(腫瘍外科・抗がん剤治療)」に力を入れております。

 

また、ペットと飼い主さんの両方に苦痛を与えない、優しい診療も特徴のひとつです。単に病気の根絶を図るだけではなく、状況によりペットの余命や飼い主さんの心情、生活への負担などを考慮して、最も納得していただける方法をじっくり相談して決定しています。

診療対象

イヌ、ネコ、小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター

診療科目

  • 一般内科(下痢、嘔吐など)
  • 腫瘍科(赤い腫れ物ができた、しこりができたなど)
  • 皮膚科(かゆい・皮膚が赤いなど)
  • 内分泌科(水をよく飲む、毛が抜けるなど)
  • 眼科(目がショボショボする、目が赤いなど)
  • 歯科(口臭がひどい、口を痛がるなど)
  • 整形外科(跛行・関節の痛みなど)
  • 循環器科(咳をする、心雑音が聴こえるなど)

セカンドオピニオンについて

当クリニックは予約制ではありませんが、セカンドオピニオンをご希望の方は、ご来院前にご連絡いただき、かかりつけ病院での検査結果など、お持ちいただける範囲でご用意いただけると幸いです。

ご相談について

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。メールでのご相談も、できる限りお答えいたしております。

 >>お問い合わせはこちら

手術について

当クリニックの手術

当クリニックでは、手術中の麻酔管理を徹底しております。「麻酔=怖いもの」と考える飼い主さんは多いものです。実際、絶対に安全な麻酔薬はありません。だからこそ、手術で麻酔を使用する際は、血圧・心電図・酸素飽和度などを監視できる「生体情報モニター」を活用し、全スタッフによるモニタリングの徹底を心がけております。

対応可能な手術

  • 去勢・避妊手術
  • 腫瘍切除手術
  • 一般軟部外科(肝臓・脾臓・腎臓・腸などの手術)

ご予約・ご相談はお気軽に

動物病院でお悩みでしたら、福生市にある

エールペットクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_042-513-3467.png
  • メールお問い合せ
staff staff blog